ものづくりについて-感性を表現するためにデジタルを使うのはたのしい

感性を表現するために、デジタルテクノロジーを使うのがとても楽しいんです。

3DCADや3Dプリンターは、立体造形の世界に劇的な変化をもたらしたけど。

テクノロジーは、手段であって、目的ではない。

だから、最終的につくりたいモノがあるとき、それが新しいテクノロジーとか、古いとかそういうことは関係ない。

とはいえ、新しい技術で、新しい表現ができたり、

今まで、できなかったことができたとき、

「おー」

と制作者みんなで感動しながら、また新しい「こんなこともできるんじゃない?」という発想が浮かびます。

「MENTOSEN」では、デザイナーがCADなどの新しいテクノロジーを使いこなし、原型にまで踏み込んでいくことで、より柔軟な新しい表現ができると考えています。

デジタルを活用するからこそ実現できる『線』や『面』があります。

デジタルテクノロジーはより自由な表現を、様々な分野の人々と共有し交わっていけるツールだと思います。

CAD,3DプリンターやCNC(コンピュータ切削)、レーザーカットなどの技術を使って、新しい発想のジュエリーをつくります。

とはいえ、最後は人の手なんですけどね。

by Akiko Yonei

×