Terumi Miyamoto

宮本 輝美 - Engraver & Stone Setter MENTOSEN クリエイター

エングレーバー&ストーンセッター

彫る - 宮本 輝美Terumi Miyamoto

和彫り彫金師(模様彫り・彫り留め・石留め)。 1987年神奈川生まれ、2009年東北芸術工科大学工芸コース卒。 オーダーメイドジュエリーの会社で和彫り・石留めの仕事に携わる。

2016年に独立。愛媛県に移住。都市の喧騒(けんそう)から離れて、日本のハイジュエリーブランドからの一品ものを中心に仕事をしています。

23歳の時に腸の難病(UC)を発症。

今も治療をしながらも、ハイクオリティは仕事に挑戦し、腕を磨いてきました。
彼女の鏨(たがね)で彫り上げる一線一線には、魂がこもっています。

MENTOSEN クリエーター 宮本輝美

彼女の彫の技法は、ハワイアンジュエリーなどの機械彫りや、西洋の洋彫りとは違って、『和彫り』という、鏨(たがね)と小づちを使う日本伝統の技法です。

顕微鏡を使い、一線一線彫っていきます。

宮本 輝美 - Engraver & Stone Setter MENTOSEN クリエイター

「鏨(たがね)で彫る」という作業は、ジュエリーの最後の工程で、決して失敗が許されない、やり直しがきかない工程です。

だから潔く仕事に向き合う覚悟が必要となります。

普段の優しげな外観とは違って、仕事に向かう彼女のまなざしは厳しい。

これからの日本の「和彫り」や「石留」の新しい世界を切り開く一人となるでしょう。

『たがねが使えて、いい物を見分ける力があれば、ブレない仕事はどこでも出来る』

が彼女の信条。

×