Kosa[こうさ]  シルバー925 あこやパールピアス

kosa

『違う』を感じて 『自分』を知る

ドイツで活動する、コンテンポラリージュエリー・アーティスト、西林佳寿子とのコラボレートピアス。

面倒かもしれないけれど、もう少しだけ人と交わって、関わってみよう。

宇和島で採れた変形のブルーグレーの真珠は、みんな違って個性的。

世の中は変わった人の集まりだから、

交わることで、私たちは『違う』を感じて、『自分』を知ることができる。

Kosa[こうさ] はドイツで活動する、コンテンポラリージュエリー・アーティスト、Kazuko Nishibayachi(西林佳寿子)原案デザイン。『MENTOSEN』とKazuko Nishibayashiのコラボレイトコレクションです。

シンプルできれいなカタチの中で日常を生きる

Kosa[こうさ] 2つの形

「Kakko-かっこ」と「Pakku-ぱっく」

Kosa[こうさ] シルバー925 ピアス MENTOSEN

Pakku-ぱっく

原案デザインの西林さんによると「パクっと真珠の珠をくわえた」形を想像したそうです。

パールが少し耳にのると、パールの高さがピアスを持ち上げ、全体が立体的に見えます。

パールを耳たぶの下の持ってくるとまた違った印象に。

kosa[こうさ] シルバー925 あこやパールピアス MENTOSEN

Kakko-かっこ

このピアスには3つの形が存在しています。

四角はピアスの外側、

丸はピアスの内側の切り込み、

そして三角は、耳に着けるとパールの重みで外側が三角の頂点に。

kosa[こうさ] シルバー925 あこやパールピアス MENTOSEN

金属の質感を楽しむ

表面の淡いつや消しは、かすかに交差しています。

CNCの切削技術を使うことで、板から磨き上げたきちんと感。

側面の厚み部分と後ろはきれいに磨き上げられています。

Surface[めんとせん] シルバー925 ピアス MENTOSEN

少し変形、宇和島のブルーグレーの真珠

土居真珠さんの養殖場、宇和島の海で養殖されたあこや真珠。

その中には、真ん丸になれなかったものがあります。

けれど、そのブルーグレーの色と照りは本当にきれいです。

量産のためには、真円ではないために流通にのらない珠たち。

ちょっと変形でも、十分にきれいです。

真珠は一つずつ多少形が違います。この真珠は、丸い真珠をつくった時の副産物として、出来上がるモノのため数に限りがあります。今期の珠が終わってしまうと、再入荷は次の年、しばらく後になります。

Kosa[こうさ] シルバー925 あこやパールピアス 宇和島 MENTOSEN

ナチュラルカラー パール

このブルーグレーの色は、染めや調色をしていない、天然の色、「ナチュラル」と呼ばれるパール。
宇和島の土居さんの養殖場で育てられた真珠です。
*退色を防ぐ色止めという加工は施してあります。

Kosa[こうさ] シルバー925 あこやパールピアス MENTOSEN

金属の種類

Silver925
Silver925は酸化防止で、プラチナ系の金属ロジウムがコーティングされています。

Creator

原案デザイン

クリエイター 西林 佳寿子 Kazuko Nishibayashi メントセン MENTOSEN

西林 佳寿子Kazuko Nishibayashi

女子美術大学生活デザイン科卒業。ドイツフォルツハイム専門大学ジュエリー科聴講生。 1993年ドイツ、デュッセルドルフ市にアトリエ設立、ドイツを拠点にヨ−ロッパの各地で展覧会。現在デュッセルドルフ在住。ドイツでコンテンポラリー・ジュエリーのアーティストとして活動している。

西林佳寿子の作品

創造性と、絶対的な美しさと正確な仕事。結果的に、息の長いデザインを生み出してきました。
Kazuko Nishibayashi ウェブサイト

Kazuko Nishibayashi Ring 西林加寿子 リング
Kazuko Nishibayashi earrings 西林加寿子 ピアス
Kazuko Nishibayashi ring 西林加寿子 リング

制作に関わっている人たち

素材 シルバー925(ロジウムコーティング)あこや真珠
サイズ Pakku : 12mm × 9mm / Kakko : 12mm × 12mm パール 5-5.5mm
備考
  • 注文間違いは注文から6時間以内のメールのみでキャンセル、変更をお受けいたします。
×